ホーム > 生活 > 最近の葬儀

最近の葬儀

日本の一世帯あたりの平均人数は2010年で2.6人となり、1950年代の5.0人から大幅に減少しています。つまりほとんどが核家族と単独世帯となり、高齢者の一人暮らしや、高齢者の夫婦のみの家族もたくさんいます。

葬儀を行う時には、すでに仕事もリタイアしていて会葬者も少ないので、大規模な葬儀よりはこじんまりとした家族中心の葬儀を希望する人が多くなっているようです。

また、昔は自宅で行っていた葬儀も最近では敬遠されて、斎場などで行うことが多いですね。これは地域社会との関係が薄くなり、普段はあまりお付き合いの無いご近所に負担をかけることなく葬儀を行えるからでしょう。

葬儀社と契約することで、葬儀をサービスとして購入することが出来ます。たいていは生前から家族とともに準備をしていくので本人の希望もふまえながら自分らしい葬儀を行うことができるのです。

八王子で相続の相談なら。
http://www.souzoku-st.jp/


関連記事

マダムシンコマダムブリュレが気になります クリスタルモーション
おすすめのお菓子って何かありますか?私はまだ食べたことがないのですが、マダム シ...
思い切ってバッサリと
昔からどちらかというと、 髪の毛を伸ばしているのですが、 たまには思い切って バ...
結婚式でフラッシュモブをやるために
結婚式フラッシュモブをやる人もいるみたいです。 こういうのも当たり前にやるように...
最近の葬儀
日本の一世帯あたりの平均人数は2010年で2.6人となり、1950年代の5.0人...
テスト
テスト記事です。...